学術集会

過去の学術集会・総会

第11回 学術集会・総会
会期: 2017年9月30日(土)― 10月1日(日)
会場: 福岡国際会議場(福岡市)
大会長:平川 雅章(医療法人徳洲会 福岡徳洲会病院 薬剤部)
大会テーマ:適正な薬物療法の推進に向けて"腎を知る"
参加者: 1,610名
演題数: 184題(口頭42, ポスター142)
第10回 学術集会・総会
会期: 2016年11月19日(土)― 11月20日(日)
会場: パシフィコ横浜(横浜市)
大会長:牧野 以佐子(JCHO横浜中央病院 薬剤部)
大会テーマ: 薬を活かす! ―腎から拡げよう薬剤師の輪―
参加者: 1,546名
演題数: 145題(口頭84, ポスター61)
第9回 学術集会・総会
会期: 2015年10月24日(土)― 10月25日(日)
会場: 仙台国際センター(仙台市)
大会長:土屋節夫(東北薬科大学 薬学部)
大会テーマ: 薬物療法imagine~なぜ、今腎なのか?~
参加者: 1,132名
演題数: 146題(口頭30, ポスター116)
第8回 学術集会・総会
会期: 2014年10月12日(日)― 10月13日(月・祝)
会場: 大阪国際交流センター(大阪市)
大会長: 和泉 智(医療法人仁真会 白鷺病院 医療技術部)
大会テーマ: 原点回帰~腎臓病薬物療法の本質を捉える~
参加者: 1,304名
演題数: 123題(口頭84, ポスター123)
第7回 学術集会・総会
会期: 2013年10月5日(土)― 10月6日(日)
会場: 広島国際会議場(広島市)
大会長: 鎌田直博(医療法人あかね会 土谷総合病院 薬剤部)
大会テーマ: 腎不全治療における薬物療法のあるべきすがた
参加者: 876名
演題数: 123題(口頭36, ポスター87)
第6回 学術集会・総会
会期: 2012年9月15日(土)― 9月16日(日)
会場: ロイトン札幌(札幌市)
大会長:武田清孝(医療法人徳洲会 札幌東徳洲会病院 薬剤部)
大会テーマ: 北の大地からCKD治療の新たなるスタート
参加者: 664名
演題数: 105題(口頭15, ポスター90)
第5回 学術集会・総会
会期: 2011年9月17日(土)― 9月18日(日)
会場: 北九州国際会議場(北九州市)
大会長: 増田和久(一般財団法人平成紫川会 小倉記念病院 薬剤部)
大会テーマ: チームで護ろう 1,300万人の腎臓と心血管 ―リスファクター管理と薬物療法 その進化と真価―
参加者: 938名
演題数: 78題(ポスター78)
第4回 学術集会・総会
会期: 2010年10月30日(土)― 10月31日(日)
会場: パシフィコ横浜(横浜市)
大会長: 原田清子(医療法人社団望星会 望星病院 薬剤部)
大会テーマ: CKD治療のさらなる充実を求めて
参加者: 535名
演題数: 53題(ポスター53)
第3回 学術集会・総会
会期: 2009年9月19日(土)― 9月20日(日)
会場: 名古屋国際会議場(名古屋市)
大会長: 永松 正(名城大学 薬学部)
大会テーマ: 慢性腎臓病(CKD)治療に対する新たなる活動―チーム医療の重要性―
参加者: 472名
演題数: 51題(ポスター51)
第2回 学術集会・総会
会期: 2008年12月6日(土)― 12月7日(日)
会場: 崇城大学市民ホール(熊本市)
大会長: 平田純生(熊本大学 薬学部)
大会テーマ:慢性腎臓病(CKD)に対する薬物療法・新たなる展開
参加者: 517名
演題数: 36題(口頭12, ポスター24)
第1回 学術集会・総会
会期: 2007年11月24日(土)― 11月25日(日)
会場: 大阪国際交流センター(大阪市)
大会長: 木村 健(近畿大学 薬学部)
大会テーマ:腎疾患における薬剤の適正使用を目指して
参加者: 501名
演題数: 28題(口頭6, ポスター22)